冷え性

黒酢の効果

今話題の黒酢にはビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養が沢山入っているのです。
健康面にも美容面にも良い効果があるのです。
そのまま飲んだり料理に入れたりサプリメントで摂取するなどの方法があるのです。
黒酢にはダイエット効果もあるのです。
食後に30ml飲むと良いといわれているのです。
脂肪を燃焼させる効果もあるので健康的に痩せる事ができます。
有酸素運動をする前やしている途中に摂取するとより効果を発揮するのです。

冷え性改善
冷え性にも効果があるのです。
冷え性は特に女性に多いようです。
冷え性は赤血球が固くなっておきている場合があるのです。
なので毛細血管を上手く通れないで血流が悪くなるのです。
黒酢にはクエン酸の働きによって血液をサラサラにする効果があるのです。
そして末端まで血液をおくり冷え性改善になるのです。
脳梗塞や心筋梗塞を予防する事にもつながるでしょう。
美肌にも効果があるのです。
蓄積した肌のダメージを回復してくれてハリや艶を取り戻してくれるのです。

りんご

高血圧にも効果がある

黒酢の中のアデノシンには血液の流れをサポートしてくれる効果があるのです。
これによって高血圧の人の血圧を下げる効果もあるのです。
毎日摂取する事によって血圧を安定させてくれるでしょう。
他にも疲労回復にもいいのです。
クエン酸は赤血球を柔らかくして血行をよくしてくれて、疲労物質である乳酸をエネルギーに代える働きもあるのです。
蓄積した疲労を回復してくれるのです。
身体にいいことばかりなので毎日摂取する事を習慣づけるといいでしょう。

冷えの改善
下半身が冷える、手先足先が冷えるも血行が良くないために起きている症状のひとつです。
物理的に入浴や衣類を重ねて温めること大事ですが、内部から冷え性を治すためにも、血行をよくする努力が必要です。
手足をマッサージをすることも効果的ですが、適度な運動をして全身運動で体全体の血行をよくすることも大事です。
しかし、血行をよくしなければならない理由にはもう一つあります。
人間の体は弱アルカリ性でできていますが、細胞が活動するとき排出する酸性物質を血液が運び出してくれるから、体内を弱アルカリ性に維持します。
しかし血流が悪いとその働きが悪くなり、体が酸性になると体内の正常な活動が阻害されます。

りんごいり

体を弱アルカリ性に

また、歳を重ねると血管が老化して細くなったり硬くなるため高血圧になりやすい傾向にあります。
血の巡りをよくする食材として酢は体にとてもいいです。
らっきょう、ピクルス、キュウリの酢の物、酢味噌など酢を使った食品の摂取はもちろんですが、容易に摂取できるものとして黒酢は飲み物として市販されています。
甘味も加わっているので料理で使う「酢」そのものを食すよりはるかに飲みやすいです。
黒酢に含まれる「酢酸」「クエン酸」は体が酸性になるのを防ぐ働きがあります。
これらが体内で分解されると、体がアルカリ性になります。

黒酢の効能
多くの種類のアミノ酸と16種類の有機酸を含んでいる黒酢には高血圧の人の血圧を下げる作用もあります。
血管を軟らかくする作用をもつ「ヒスチジン」と一酸化窒素を作り出して血管を広げ血の流れをよくする「アルギニン」の作用で血流改善効果が期待でき高血圧の予防になります。
「メラノイジン」は、赤血球変形能改善作用があり、細い血管でも血行を改善させ、「メチオニン」「タウリン」は、交感神経を抑えることで血圧を下げる効果があると言われています。
黒酢は、血行・血流を改善させ冷え性に効果があるだけでなく、直接的に血圧を下げ高血圧の改善が期待できます。